属性ベースの計画によるサプライチェーンの持続可能性

ごくわずかな例外を除いて、今日のビジネスでは、持続可能性は品質が40年前にあった場所です。 品質はもはや品質管理者の仕事だけではなく、誰もが品質に責任を負っています。 それは操作の不可欠な部分です。 持続可能性に関しては、サプライチェーンをエンドツーエンドで把握することが重要です。そうしないと、運用で節約できる二酸化炭素排出量が追加され、輸送や梱包でいくらか追加される可能性があります。

属性ベースの計画あり(ABP)テクノロジーにより、企業は、サプライチェーンのすべてのエンティティにエンドツーエンドで付加されるインテリジェントな制約として属性を使用できるようになります。 エンティティは、サプライヤ、地域、輸送方法、設備、プラントのエネルギー使用、商品価格、地域の規制、またはパッケージの種類などです。

相対的または絶対的な炭素指数を各エンティティに添付することにより、私たちが作成するすべてのサプライチェーン計画は、測定値を作成し、計画された運用が計画の収益性と同じようにどれほど環境に優しいかを強調します。 このアプローチには、 デジタルツイン サプライチェーンの 物理的なサプライチェーンの動作を制御する。 大きな犯罪者がどこにいて、新しい計画が生成されるにつれてどのような傾向が進展しているかを示すことにより、変更管理を実施します。 デジタルモデルは、サプライチェーン全体の二酸化炭素排出量への相対的な貢献を確認および修正するようにすべてのエンティティを常にガイドします。 さらに、売上原価を管理するのと同じように、 ABP、企業は管理、制御、調整できます 販売された商品の持続可能性。

ABP テクノロジーは、サプライチェーンのすべての部分に可視性をもたらし、すべてのオペレーション、サプライヤー、および顧客に、炭素の貢献を認識させ、責任を負わせます。 これにより、サプライヤーや顧客とのより良い交渉で二酸化炭素排出量を削減し、サプライチェーン全体の持続可能性の統合された文化をエンドツーエンドで実施できます。

このアプローチには、 デジタルツイン サプライチェーンの 物理的なサプライチェーンの動作を制御する.