属性ベースの計画

実行可能な計画を作成するには、正確なモデリングが重要です。 リソースと資料以外にも、現実的な計画を作成するために考慮しなければならない高度な制約がたくさんあります。 例としては、サプライヤーの資格、規制に応じて禁止されている材料、生地の質感や色合い、サプライヤーの二酸化炭素排出量、部品番号の波長範囲、公差、機器の品質評価などがあります。

このような制約はすべて、原材料、仕掛品、完成品の注文への割り当てに影響を与えます。 属性は完成品だけのものではありません。 サプライチェーン内のすべてのオブジェクトには、考慮しなければならない属性があります。 ビジネスプロセスが改善され、サプライチェーンが変化するにつれて、システムは新しい環境に合わせて形成される必要があります。 Adexa 属性ベースの計画を使用することにより、このような変更を実行できるように独自に配置されています。 属性は、エキスパートシステムのようにインテリジェントな制約として使用され、最適で実行可能な計画の検索を自動的にガイドします。 属性は、SKUの数を大幅に減らすのにも役立ちます。

Secondary_Solutions_Self-correcting

属性ベースの計画とは何ですか?

ビデオを見る

お問い合わせ

より多くの情報が必要ですか?